2023山行

至仏山②2023/7/23-24

朝食前に朝の尾瀬を散策し7時過ぎに至仏山を登り始めた。尾瀬とその周辺の山を歩きつくしている高橋さんは逆回りで至仏へ。尾瀬ヶ原と至仏山の標高差は約800m、3時間のコースタイムでほぼ直登の急坂続き。森林限界を越えると背中に陽を受けながら登った...
2023山行

至仏山①2023/7/23-24

至仏山は2009/7/12に日帰りのツアーで鳩待峠から往復している。曇天で眺望も良くなかった記憶があるが、今見直してみると、尾瀬ヶ原も燧も見えている。その時はどちらも行ったことがなかったので、印象が薄かったのだろう。武尊を日光白根山と勘違い...
2023山行

尾瀬ヶ原 2日目 2023/7/17-18

尾瀬ヶ原の2日目は、ヨッピ橋を回ってから長沢道を登り、アヤメ平を通って鳩待峠へ戻る行程。6:50原の小屋出発≫8:00ヨッピ橋≫8:45竜宮十字路≫9:00尾瀬ヶ原を出て長沢道を登る≫11:46富士見湿原(分岐)≫12:13アヤメ平13:0...
2023山行

尾瀬ヶ原 初日 2023/7/17-18

7月はノボラーズ三須さんの担当で尾瀬ヶ原。ところが大事な担当が大事な足に違和感が続いて不参加。山小屋も予約済みだし天気予報も良いので予定通り、私自身も歩いたことのない尾瀬ヶ原に向かう。5時関川発≫8:50尾瀬第二駐車場≫9:38乗合タクシー...
オッドアイ・Tの猫とその一味

オッド・アイTの猫とその一味第61話「ゆり根と蟹と」

それにしても猪に何があったのだろうか。この二日のことだけれど、あれだけ従順に柴を担いでいた猪が、滑落して戻ってくると豹変している。通りがかった者全員にゆり根を食わせて眠らせて、お陰で半日を無駄にした、などとつらつら考えると、猫のことを思い出...
2023山行

蔵王山 2023/7/2

夏の健康登山下見、予定していた山形神室は不向き、浅草岳は遠過ぎた。夏の低山は暑いから、どうしても高い山になる。そして短時間で頂上に立てる山。月山、西吾妻もあるが、リフト代やロープウェイ代が掛かる。それで昨年も行ったが、蔵王山にした。コースを...
2023山行

2023(R5)山行履歴

2023(R5)山行 は遅いスタートとなったが、始まってからは順調に進んでいる。夏は尾瀬、五竜、立山から薬師への縦走、秋の北岳、焼石等、仲間の体調が良く、天候に恵まれんことを。 № 2023 山 参加者 天気 ...
2023山行

浅草岳 2023/6/25

浅草岳は2006年の秋に大勢で登った。17年も前、貞治先生も征平さんもいた。 6時関川発≫8:50ネズモチ平駐車場9:20出発≫9:30ネズモチ平コースとの分岐(前回はここを下りに使ったが今回は桜ゾネコースピストン)9:40慰霊碑前10:...
2023山行

山形神室 2023/6/24

山形神室は2013年の秋と2014年の夏に登っている。今回は健康登山の下見が目的だったが、笹谷峠までバスの通行が覚束ない事や昼食場所の頂上があまりに狭いことなど、不向きな事が分かった。夏の低山は暑いからできれば2時間程度で登れる高い山が良い...
オッドアイ・Tの猫とその一味

オッド・アイTの猫とその一味第60話「贋猪の企み」

全てが愚劣だ、とそう思えなくもない。生きている限り何もかも素敵だと思うこともある。死ぬまで生きる定めにあって、どちらが楽でどちらが合理的なのか。悔いて悔い切れない後悔だけが生き長らえる代償なのか。答えはハクサンフウロを揺らす稜線の風に聞こう...