オッドアイ・Tの猫とその一味

オッド・アイ Tの猫とその一味 第十四話「不十分で十分の巻」

廃校となって久しい女川小学校にまだ二宮尊徳像はあるのか、私は敢えて見に行くことにした。健全な状態で今も存在するなら、預かっている首は戻す必要はないし、首が無いのなら、私が左官を真似て本来の姿にしなければならない。というのも、一日に何度も収蔵...
2021 山行

榛名山・戸神山(会忘年登山)2021/11/20-21

恒例の忘年登山。今年は群馬の榛名山、戸神山。参加者が例年より少ないのが残念だが、その分賑やかにして。 ...
走ること

魚沼コシヒカリ紅葉マラソン

昨年の元旦以来のマラソンだから一年と十ヶ月ぶり。その期間、大会が無いことでモチベーションが保てず練習量は激減、この二ヶ月で取り戻せるものではないことは日々の練習で実感してきた。頑張って、せいぜい5分ペース、と思っていたが、そんな予想通りのタ...
オッドアイ・Tの猫とその一味

オッド・アイ Tの猫とその一味 十三話「カラスの乾物」

時計を持たない犬は時間の感覚が希薄なのだろう、Tの散歩は夏だと6時過ぎ、日の短くなりつつあるこの頃は5時前後なのに、大概は2時間も3時間も前からTが登場する方向を向いて待っている。時計が無いから遅いとか早いとか文句も言わないし、頓着もない。...
今日の風景

もみじ遊山2021/11/3

胎内の異形ブナの巨木と弥彦もみじ谷へ。
2021 山行

高坪山縦走(秋の健康登)2021/10/30

わずか六日前の下見の時より紅葉は進んでいた。そして快晴の登山日和。 7時歴史館集合≫7:40クアハウス前出発≫11:20高坪山頂≫11:35見晴台(昼食)12:40≫13:10虚空蔵峰(落葉コレクション)13:30≫13:40新巨木13:...
2021 山行

高坪山縦走(健康登山下見) 202/10/24

高坪山塊は北端を荒川に発し南端が胎内川で終わっている。つまり二つの大河に跨っている。だから端から端まで歩けば、胎内川から荒川に行くことになる。以前は荒川側に繋がる登山道が無く、途中から荒島城跡に曲がって下ったので、荒川は山の上からは見えなか...
オッドアイ・Tの猫とその一味

オッド・アイ Tの猫とその一味 第十二話「うたかたの優勝」

猫に戻りたい理由の付け足しです。先般お話したように猫人生に屈託は皆無です。ですから一日が長い。今仕方なく人間生活をしていますが、人間のひと月分が猫の一日です。ですから猫の十年は人間の三百年です。僕は早く猫に戻って三百年のんびりしたいです。貴...
オッドアイ・Tの猫とその一味

オッド・アイ Tの猫とその一味 第十一話「鼻黒猫の偽スキップの巻」

高級葡萄の最後の一粒が私の口に運ばれる頃、私は一つの推論をまとめ上げた。名前と容姿からして宮尾宮子は鼻黒猫の化身だろう。化身ができるなら葡萄を買うぐらいの金の工面は容易だろう。社長になっても良し、銀行員に化けるのも簡単だ。ただ、原付でしか移...
2021 山行

牟礼山(初心者の秋登山下見)2021/10/11

徳網山の代替地にした牟礼山の下見。午後は新発田の医者(甲状腺の数値が良くないので~甲状腺機能低下症~半年前から薬を飲んでいる)、明日はひとり勤務で動けない。明後日水曜日は危険物取扱者の講習会がある。となれば今日の午前中しか行く時がないので、...